DXアンテナ株式会社

Dサポ!

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

文書番号:2548

110度CSの1部のチャンネルだけにブロックノイズがでたり、受信しない場合がある


DECT準拠方式のコードレスフォンやインターホンが110度CSスカパーの一部チャンネルに受信障害を与える可能性があります。
※ BS放送や他の110度CS放送は正常に受信できます





1.9GHz帯DECT方式製品で影響を受ける番組

・290ch TAKARAZUKA SKY STAGE(有料ch)
・305ch 5ch チャンネル銀河(有料ch)
・311ch AXN(有料ch)
・333ch アニメシアターX(AT-X)(有料ch)
・343ch ナショナル ジオグラフィック チャンネル(有料ch)
・353ch BBCワールドニュース(有料ch)


 対策方法


(1)ブースタで110度CSのレベルを上げる
コードレス電話の電波がどこに飛び込んでいるのかを見極め、その場所よりアンテナ側に
ブースタを入れ、110度CSのレベルを上げることで、コードレス電話の飛び込み波との干渉を稼ぐ。


(2)シールド性の高い製品に取替
同軸ケーブルなどアンテナからテレビまでの機器を金属でシールドされたシールド性の高い製品に取替え、
コードレス電話の電波が受信システム内に混入しにくいようにする。



(3)受信システムから遠ざける
TVや録画器及び受信システム機器(壁面端子、分配器等)ケーブル配線から
コードレス機器の親機及び子機を遠ざけるなど、位置を変える。



この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask