DXアンテナ株式会社

Dサポ!

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

文書番号:2437

センサーの角度調整について


■DSLD10A1・A2
センサー部は左右それぞれ約90度、首振り可動いたします。上下は可動しません。







■DSLD10B1・B2
センサー部は左右それぞれ約90度、下向きに約30度首振り可動いたします。







■DSLD15C1・20C2
検知角度約360°
→調整台は左右(70°)に回転させることができます。
回転させるとツマミを調整し易くなります。
(調整台を回転させても、検知エリアに影響はありません。)






■WESL1
検知角度最大約180°
→調整台は左右(70°)に回転させることができます。
回転させるとツマミを調整し易くなります。
(調整台を回転させても、検知エリアに影響はありません。)

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask