DXアンテナ株式会社

Dサポ!

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

カテゴリから探す

文書番号:2014

4K8Kとは?受信するための確認事項




4K8K受信には対応する機器等の準備が必要です。
以下をご参照ください。


以下ページでも、詳しく説明がございますので、ご参照ください。
→ アンテナパパの解決日記 第4話 4K・8K放送を見たい








とは?


現在のデジタル方法(フルハイビジョン)2Kに比べて、
より高精細・高画質な映像(スーパーハイビジョン)を視聴できる新たな放送です。

フルハイビジョン(2K)と比べ、4Kは4倍、8Kは16倍の画素数なので大画面でも粗さが目立ちません。
2018年12月1日に本放送が開始される予定です。

視聴には、4Kチューナの他、BSアンテナ等BS放送受信システムが必要です。
また、一部の放送(NHK、民放キー局)以外では、番組供給会社との契約が必要な場合があります。






1部の4K放送は既存のBS右旋でも放送されますが(以下図参照)




新しい4K8Kの衛星放送すべてを受信するためには、以下の機器が必要です。

 4KTV
  ※4K対応TVの場合でも4Kチューナーが内蔵されて
   いない場合は、別途4Kチューナーが必要です。
   4Kチューナー
  ※TV側に内蔵されている場合は不要です。
 2K・4K・8KBS対応アンテナ
  ※対応のアンテナをご利用(ご使用)中の場合は
   不要です。
 


上記機器がない場合は、別途ご用意いただく必要があります。
BSアンテナについては、BS・110度CS[2K4K8K]に対応したBSアンテナをご用意ください。
→ (ご参考)弊社製品のリンクです。

・・・ のマークのあるものを選択下さい。



 ■4KTV

  4K対応テレビの機能に加え、4K放送をテレビ本体で受信可能なテレビです。※
  現在市販されているテレビは124/128度CSの4K放送が受信できるものがあります
  なお、BS・110度CSの4K・8K放送を受信できるテレビは、
  新4K8K衛星放送の本放送開始までに発売される予定です。



 ■4K対応TVとは

  現在放送されているデジタルハイビジョン放送を受信でき
  4K本来の画質(水平3,840画素、垂直 2,160画素)で表示できるテレビです。 
  現在、多くのメーカーから市販されています。

  ※ここでは、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・
  配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)のうち1つ以上
  受信機能をテレビ本体の搭載していることを指します。









分配器、直列ユニット、ブースター等のTV受信用機器が3224MHz対応機器で
構成されている必要があります。







・・・ のマークのある機器への切替をご検討ください。





この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask